<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
〝セックス〟ってなんだろう。
男性の好みでいうと、木訥なタイプにぐっと惹かれる私としては、
今さら俳優の松山ケンイチくん(さん?)にはまっています。

で、最近。彼が出演している映画『人のセックスを笑うな』を観ました。

鑑賞後ー。
きっとこのタイトルの中の〝セックス〟という言葉は、
〝幸せの価値〟といったような言葉に置き換えられるのだろうなぁーなんて、考えてみたり。

今日の福岡は雨模様ですね。では、また。
[PR]
by mikick5 | 2009-09-30 15:32
最近のあたまのなか
b0003697_1092100.jpg

最近は、いつ、どうやったら日本を脱出できるかー。そんなことばかり、考えている。

今日の一曲:ひとつだけ /矢野顕子
[PR]
by mikick5 | 2009-09-29 10:09
みやこ食堂 開店です。
b0003697_2314519.jpg

b0003697_2321473.jpg

料理ほど、作り手の人となりを映し出すものはないと思う。

朝日がのぼったら目を覚まし、昼はじっくり仕事をして、夜がきたら月を見送り床へつく。
自然に寄り添いながら、穏やかな日々を紡いでいる。
そして、愛する人々と真摯に向き合い、周りの人のために何ができるかをじっくり、じっくり考えている―。

みやちゃんが作る料理は、そんな彼女の人柄と暮らしぶりが表れています。
ていねいで、あったかくて、やさしい味。

さぁ、いよいよ。
みやこ食堂、開店です。

みやこ食堂BLOG
*ランチはスープとお野菜プレートとデザート、そしてお茶がついて1,000円です。
(写真参照。デザートとお茶の写真は食べるのに夢中で、忘れてしまいましたー)
夜の部もあります。
開店日は、毎週水・木・土曜日ですが、都合により変わる場合があります。毎月オープン日をBLOGに掲載していますので、チェックしてください。
自宅のマンション(南区)でひっそりやっているため、連絡先は公開していません。興味のある方は、(本人の連絡先をご存知の場合は)直接連絡していただくか、そうでない方は、お気軽に私へメールや電話でご連絡ください。どうぞ、よろしくおねがいします!
[PR]
by mikick5 | 2009-09-26 23:03 | お知らせ***
その道具との相性は、いかがですか。
工藝FOUCAULTからイベントのDMが届くとワクワクする。表面の写真をパッと見て、すかさず裏面にパッと返す。企画の内容もさることながら、店主・高木さんが綴った案内文を読むのが楽しみなのだ。その言葉ひとつひとつは、作家への愛情と、店として作品を紹介する責任が感じられる。
明日(27日)で終了する井上尚之展の文面はこう締めてある。

「暮らしの中でお確かめいただけますと幸いです。」

道具を手にする時、流行もブランドも技法も歴史も、実はどうでもいい。知識を超えた、自分との暮らしの相性を信じるのが一番だと、この一文を読んで改めて思った。

+++
我が家でも大活躍する井上さんの器。今回は、スリップウェアの飴色がよく出ていました。相も変わらず値段も手頃。「僕のは、ユニクロ民藝ですよ!」と笑って話してくれた彼の言葉は、現代における民藝の世界への反骨精神であるような気がしてなりません。作品も含めて、彼の若くて元気で、前向きな姿勢が好きなんだなぁ。

+++
次にFOUCAULTで行われる企画展も楽しみです。10月10日の座談会は、早速予約しました。
ホント、たのしみ。みなさんもぜひ。

今日の一曲:I Saw Stars/Django Reinhardt
[PR]
by mikick5 | 2009-09-26 12:14 | お知らせ***
おはよーございます。
b0003697_835239.jpg

近頃、〝ワガママせいや〟と呼ばれている。
[PR]
by mikick5 | 2009-09-24 08:04
京都 余志屋
b0003697_18293269.jpg

今週末は、シルバーウィークですね。京都では、くるり主催の京都音博がありますね。その期間、友人や知人が続々と京都に行くようですが、(taroさん、ご結婚おめでとうございます!京都行かれるのですよね…?)今回私は断念しました。で、京都かぁ…、なんて考えていると…。私もそう言えば、8月の頭に京都に行っていました。ひとりでフラフラしてステキな店をいろいろ見つけたのですが、取り急ぎ、どーしても紹介したい一軒が。その名も余志屋。「釜飯と一品料理の店」で、鴨川沿いにある繁華街、先斗町の路地にあります。
ここの味は、つきだしを食べた瞬間から分かりました。香り高い胡麻タレがかかった焼きなすと、冷製なのに、目の前に現れた瞬間ダシがふわっと香る茶碗蒸し…。この2品で私はもう、余志屋の大ファンに。店の名物である釜飯もそうですが、この店の全ての料理の基本となるダシは、鰹と昆布でとってあり、味わい深いのにまったくえぐみがない。まさにダシの京都。あまりにも美味しかったので、わーわー、ひとりで騒いでいると、お弟子さんが毎日とっているという基本となるダシを試飲させてくださいました。そしてあつかましい私は、さらに、お酢や醤油などの調味料をあれこれ聞いたり…。
写真は、余志屋の調理方法やレシピが掲載されている本。この日に仲良くなった常連客の方が、後日我が家へ送ってくださいました。(ありがとうございます!)また近々行くと思います。今週末から来週にかけて京都へ行かれるみなさんも、ぜひ。

余志屋
住所:京都府京都市中京区先斗町通三条下ル材木町188
TEL:075-221-5115
営業時間:17:00〜23:00
定休日:月曜日
*値段が書いていないのでドキドキしましたが、お酒を程々に飲んで、ひとり一万円前後あれば大丈夫なのではないかと思います。どうやら人気店みたいなので、行く時は予約した方がよいみたいです。また、ここの女将さんもステキな方で、その後飲みにいったバーのマスターとも女将の話題で盛り上がりました。


今日の一曲:虹/くるり
[PR]
by mikick5 | 2009-09-13 18:33 | お知らせ***
いいだしっぺ
b0003697_16441010.jpg

たとえば、イベントに参加する時も、飲み会の時も、お仕事の時も…。
〝いいだしっぺ〟がいいと、それはそれは、楽しい時間になるのです。
今回の旅もそうでした。〝いいだしっぺ〟さん、ありがとう。
[PR]
by mikick5 | 2009-09-12 16:44
食べて、飲んでばかりいた
b0003697_187404.jpg

b0003697_187911.jpg

b0003697_1872315.jpg

おいしいものを食べること。これほど身近にある幸せって、ありません。
バリのご飯は本当においしくて、おいしくて。
食事の時間を大切にする人たちと行けてよかったな。

ということで、お腹がすいてきたので夕飯の支度にとりかかろう。
バリ紀行、(しつこいけど)明日につづく…。
[PR]
by mikick5 | 2009-09-12 16:42
シンクロ会議
b0003697_1747481.jpg

コテージのプールにて
b0003697_17523386.jpg

シンクロの打ち合わせ。
b0003697_1748262.jpg

それ行け!
b0003697_17484012.jpg

ぎゃ!!失敗!
[PR]
by mikick5 | 2009-09-12 16:40
○○なひと。
b0003697_17392647.jpg

旅行中、お誕生日を迎えたひと。
b0003697_17393665.jpg

さらに2kg太ったひと。
b0003697_17411114.jpg

現地の人と間違えられたひと。
[PR]
by mikick5 | 2009-09-12 16:34