<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
本日の昼食(ごまだしうどん)
b0003697_14431824.jpg

大分県佐伯市の郷土料理・ごまだし。エソなどの魚を焼いて、胡麻や醤油などを混ぜて作るごまだしは、うどんに入れて食べるのが主流。最近はまって、つるつるやってます。これさえあれば、濃厚な魚のうま味が絡んだうどんが手早く作れるから嬉しい。胡麻の香ばしさもたまりません。よし、ごちそうさまー。さっ、原稿の続き、続き。
[PR]
by mikick5 | 2010-03-27 14:43 | 日々ごはん
なんでやねんツーリスト
b0003697_14435295.jpg

大阪行きへ向けて、旅のしおりを作る。忙しくなると、つい、現実逃避をしてしまう。
[PR]
by mikick5 | 2010-03-20 14:42
yanoカメラ
b0003697_7264473.jpg

カメラにもケータイにも。カープシール。
[PR]
by mikick5 | 2010-03-20 07:27
肥前尾崎焼
b0003697_23395958.jpg

佐賀の伝統玩具である尾崎人形。お尻に口がついていて、ホーホーと鳴らすことができるハト笛です。佐賀県神崎市神崎町尾崎に伝わるこの玩具は、700年以上の歴史があり、首をひねった愛らしいハトの姿がとっても洒脱。唯一の継承者であった八谷至大(はちやとしみ)さんが昨年の1月にお亡くなりになりましたが、後継者が現れたのだとか。
[PR]
by mikick5 | 2010-03-15 23:41
24 hour Travel
b0003697_0245928.jpg

出発から到着まで、24時間。
九州の温泉の中でも特に好きな平山温泉で一泊して、山鹿〜菊池〜小国〜福岡へ。

■3月13日(土)
17:00 大橋発
(車中、Perfumeガンガン流しながら、大熱唱)

19:00 平山温泉着
    温泉入浴〜夕食〜まったり
(トロトロのお湯、最高)

23:00 就寝
(宿の周辺に何もないので、寝るしかない)

■3月14日(日)
8:00 起床
   (よく寝た)
    朝食〜朝風呂
   (温泉独り占めで、鼻歌など歌ってみる)
 
9:30  宿出発
    (FISHMANSをガンガン流しながら、UAのモノマネ披露)

10:15 山鹿着
    八千代座&灯籠民芸館見学
    (天井桟敷に座れて感動)

11:30 山鹿発
    (イチゴ『紅ほっぺ』を購入して満足)
    
12:00 菊池渓谷通過
    (夏にリベンジする予定)

13:00 阿蘇通過
    (大観峰、何度ドライブしても圧巻)

13:30 小国で昼食
   (森のガーデンレストランを予定していたが、閉店していてショック)

15:00 玖珠ICから目指せ福岡
    (イチゴに豆乳アイスをのっけてデザートタイム)
    *ここで、写真の居眠りワンコに出会う。

17:00 大橋着
    (食べ過ぎたので、高宮まで歩いて帰る)

*****************************
突発的な旅だったけれども、24時間、きちんと満喫。
今週は、(仕事も含めて)熊本に4日間行く予定。
明日は再び阿蘇でR。

今日の一曲:FISHMANS/MAGIC LOVE
[PR]
by mikick5 | 2010-03-15 00:25
忙しい日でも、おなかは空く。
b0003697_19312524.jpg

ある日の我が家の昼食風景。雨がシトシト降っていて、心もどこかしっとりしていて。メニューは、ベジキッチン・ゴトウ先生のベーグルをメインに、クレソンとエビのサラダと長芋のスープだったかな。

(一ヶ月以上、ブログをほったらかしたあげく)ゴトウ先生ネタが続いていますが、さらに続きます。

************

「塩で食べる寿司屋があるんよ」。

先日、先生からそんな話を聞いて以来、私の頭の中は「すーし、すーし、すーしぃ!!」と寿司コールが鳴り響いており。
こうなったら、どんなに忙しくても本能に従うしかない。
で、先週末。念願かなって、ウワサの『寿司処 あり吉』へ。
(取材終了後に向かったため、カメラがなくて残念)

場所は、なんと香椎。
(そこにおいしいものがあるなら、どこへでも)
カウンターに座り、まずはビールで乾杯。
(仕事終わりのコレが至福なんだなぁ)
ホタルイカの酢みそ和え、平らぎポン酢などの付き出しを皮切りに、胡麻塩で食べるタコのお刺身や4種類の焼き物をいただき…。
(乾杯からここまで、1時間かけてゆっくり、じっくり味わいます)

そして…「(醤油をつけずに)そのまま食べてね」と言う大将のふっくらとした手の中から現れたのは、この日のメインである〝塩握り〟。
キラキラ輝くとびきりのごちそうを前に、胃袋がもう黙ってはいません。
「いただきまーす!」、再び大きな声で合唱をして、パクリ。
鯛、鯖、あぶりトロ…。ミネラルをたっぷり含んだマイルドな塩が、魚の甘みをぐっと引き出します。かすかに感じる酸味はレモンです。この酸味がシャリとネタをうまくつなぐ、架け橋に。それにしても、レモンの〝酸っぱさ〟で寿司の味を支配させないこの一絞り。絶妙です。
通常のにぎり寿司の2/3程のサイズで握られた小さめのシャリは、塩で食べるということを考慮されているようで、ついつい…。
その後、特製タレで食べる穴子や、梅がアクセントになった玉子巻きなどをいただき、お吸い物でフィニッシュ。こんなにも透明度が高くて昆布の深みが出ている吸い物、今まで味わったことないなぁー。

あの日のこと思い出したらなんとも幸せな気分に。
そう、幸せな思い出に浸れるー。これって、〝いい店の条件〟のような気がします。

*********************
寿司処 あり吉
福岡県福岡市東区香椎1-22-7第一並木ビル1F
tel:092-671-1834
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜22:00
定休日:月曜日
料金:この日の料金は、大将のご好意もあり、
お腹も満腹でお酒をたっぷりいただいたにも関わらず、
ひとり6,000円ですみました。
ランチもやっているようで、
「海鮮丼は、ボリュームたっぷりで800円!」だそうです。
土日もランチ営業していますよ。良心的。
*********************


最後に。
ゴトウ先生からお知らせがありました。
4月にステキなイベントがあるみたいです。
ぜひに。
[PR]
by mikick5 | 2010-03-14 19:32 | 日々ごはん