<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
お風呂に入る前に。
b0003697_23251733.jpg

お風呂に入るだけなのに、楽しそう。なぜかスズ持参。
[PR]
by mikick5 | 2010-06-27 23:50
ドイツ×イングランド
b0003697_23422796.jpg

スペインファンのようですが、取りあえずドイツのユニフォームを着用してテレビの前へ。「どっちが勝ってもいいけど、ステキな試合が見たい」らしい。今夜も、フクシマ参上。男子チーム、叫びまくり。…あれ、今イングランド2点目入ったよね…??また疑惑ゴ…。

えー、私はかなりのにわかですが、
本気サッカーファンは、みやこ食堂オーナー・たけちゃんの『新チョモランマ日記』をチェック。
[PR]
by mikick5 | 2010-06-27 23:43
お尻にだって、旬がある。
b0003697_22104387.jpg

あまりにもカワユイお尻なので、かぶりついてしまった。蒙古斑(もうこはん)、発見。
[PR]
by mikick5 | 2010-06-18 22:11
私が好きなのは。
FWの森本貴幸さんとMFの長谷部誠さんです。
今日、どうなるやろうか。
[PR]
by mikick5 | 2010-06-14 18:48
子どもこそが、先生だ。
4歳になった甥(兄の方)は、最近いろんな言葉を覚えてきて、会話でコミュニケーションがとれるようになってきた。幼稚園であったこと、大好きなカレーパンマンのこと、家族のこと。2人で散歩しながら、あーだ、こーだと話をする。
先月帰った時は、ウォーキングに付き合ってもらった。
その時のことである。川沿いを歩いていると、私たちに向かって蝶がヒラヒラと飛んできた。理想としては、新緑まぶしい5月の景色に可憐に舞うその姿を見ながら、キレイだね、かわいいね、なんて2人でキャハキャハ言いたいところだが、実は私は、蝶が大の苦手。現実は、こうだ。

ミキ「オギャー!蝶…!!怖いぃ!」
甥「わー。かわいい♥」
ミキ「イヤー!近寄ってきた!」

そして涼しげな顔をして私の頭上をふわりふわりと通り過ぎる蝶を見送った後、彼はこう言った。

甥「ちょうちょはたぶん、ナオナオ(私)のこと、お花だと思って寄ってきたんだよ」

早朝の爽やかな空に舞った一言。なんとも乙女な発想である。そんな彼に私は胸キュンである。もちろん私自身は、〝花〟に例えられるには程遠い人間だけれども、自分ではとうてい思いつかないような子どもの感受性にハッとしたのだ。

先日から数日間、仕事で沖縄へ行っていた。
ふらりと立ち寄った定食屋に、児童文学作家の灰谷健次郎氏のサインがあった。
(教師を退職した後、彼は沖縄に滞在していた)

「子どもこそが、先生だ」

文学を通じてそんな姿勢を教えてくれた灰谷氏の生涯と、胸キュンさせてくれた甥との会話が重なって、定食屋でひとり、不思議で嬉しい気持ちになっていた。ささやかな日常の中で、子どもたちの小さな芽をキャッチできたらなぁと。

写真は、公設市場と農連市場の間にあるお店で出会った人々。
「おねぇちゃんが写真を撮ってくれるってよ!」のシーン。
b0003697_16534013.jpg

[PR]
by mikick5 | 2010-06-14 17:30
どでかメッシ参上
b0003697_10272218.jpg

超アナログなわが家ですが、ワールドカップのために(ようやく)デジタルテレビを購入。
今まで15インチだったもので、その倍になると…。メッシ、でかい。慣れないので、目が痛い。
ご近所のサッカーファンのみなさん、観戦会のご案内状をお送りしますので。
[PR]
by mikick5 | 2010-06-10 10:28
貝汁かけて、朝ご飯
b0003697_945482.jpg

ナンプラーで味付けした貝汁を、ご飯にかけて朝ご飯。(貝汁は、昨晩のあまりもの)。熱々ご飯に、熱々の汁をじゃっとかける。ミョウガ、生姜、大葉など薬味たっぷり…が、好きとはいえ、セリ、盛り過ぎた。

今日のおしかり:「あのベーグルは、焼きが足りん!」と、ゴトウ先生から焼きを入れられました。(わざわざ電話がかかってきて…笑)。ベジキッチンのベーグルは、カリカリッ、モチモチッと焼きましょう。
[PR]
by mikick5 | 2010-06-09 09:07 | 日々ごはん
開運堂の『白鳥の湖』
b0003697_8433212.jpg

かわゆいかわゆいクッキーは、長野県松本市にある開運堂の『白鳥の湖』。
落雁のような、やわらかな食感。紅茶に似合う。
[PR]
by mikick5 | 2010-06-08 08:45 | 日々ごはん
bookoさんの『万能ソース』で、パスタ
b0003697_13233045.jpg

淡白な味の肉や魚、野菜にも。反して、濃厚な素材にも。
〝包容力のある味〟と言うのだろうか。
bookoさんが作る〝万能ソース〟は、何にでも合う。
これで味付けをすれば、何でも安心なのだ。(使いはじめたら、料理しなくなりそう)
万能ソースは、お醤油ベースの味。玉ねぎ、生姜、りんごなどの野菜がたっぷり入っている。
わが家では、サラダや蒸し鶏、グリル野菜にかけて堪能中。
今日の昼食は、パスタに使ってみた。大好きなセリとささみのパスタである。

主婦のかたわら手作りの調味料やお菓子を販売しているbookoさんに出会ったのは、つい最近のこと。彼女に会った瞬間、「目がイキイキしている」。そんな言葉がふっと浮かんだ。

仕事柄、子育てをしながら働く主婦に会う機会が多い。
世界中を飛び回って社会的な活動をしている人もいれば、「お家がお城なんです」と、自宅での手仕事を職にしている人も。
〝子ども〟を言い訳にしていない、主婦はカッコイイ。仕事の規模は全く関係ない。
子どものお手本かのように、自分が心の底から楽しんでいる様子が印象的なのだと思う。

本日、ステキ主婦たちは子どもたちの運動会のため朝からせっせと準備の様子。そして今ごろ、元気に走るわが子を見て、その成長に喜んだり、泣いたりしてるのだろう。わが家の近くにある小学校でも運動会が行われている。カーテンをゆらす風が運んでくれるのは、子どもたちの威勢のいい声である。そして合間に、「頑張れー!」なんて全身を使って叫んでいる、大人たちの声も聞こえてくる。
[PR]
by mikick5 | 2010-06-06 13:25 | 日々ごはん
黒豆コトコト
b0003697_8105980.jpg

早朝から黒豆を煮る。豆は、西新商店街の上野商店で購入。
甘みは、きび砂糖で。最後にハチミツをちょっと入れて、コクをだす。
クリームチーズと和えるのが好き。
ひと仕事終えたので、散歩に行こうかね。

今日の一曲:トランスファー/くるり 
[PR]
by mikick5 | 2010-06-06 08:17 | 日々ごはん