<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
神戸より、唄うたいの江頭登場
夏のある日、パソコン画面から黒タイツのほっそい足が現れた。

More
[PR]
by mikick5 | 2011-08-13 12:00
特別な日こそ、想像力を
暑い、暑いとにかく暑い。蝉の声が体にまとわりついて、さらに暑い。
飛行機が入道雲をつっきって、空を走る。

8月6日は広島にいた。
目を閉じて、66年前の当時を想像する。
頭上を飛び交う飛行機の音が、戦闘機の音のように聞こえ身震いがはじまる。
被爆した人々が、ガラスがささった人が、目がなくなった人が、
手足がなくなった人が水をくれと川に集まる。
さらさらと流れていた川が赤く黒く染まっていく。
灼熱の太陽に目がくらんだ。
反戦の気持ちが再び、心に刻まれる。想像力はこんな時に力を発揮してくれる。

私は祖母が被爆しているので、原爆3世と言われて幼少時期を過ごした。そのせいか、幼いころは原爆のせいで自分は死ぬのだと思っていた。死ぬと思い始めたのはたしか小学2年生の頃。原爆症で白血病を発症し、千羽鶴を折って回復を祈った佐々木禎子さんの小説を読み、彼女が亡くなったことを知ってからだと思う。単純な私はいつも、どうせ死ぬのだという考えが頭の片隅にあった。
そんな今は、32年もこんなに元気に過ごせたのだから、いざとなったら立ち上がれるように、日々を生きるだけなのだけど。

原子力については、複雑な想いがあるので賛成だとか反対だとかここでは書かない。
だけど、特別な想いがあった今年の8月6日は、広島で過ごした。
[PR]
by mikick5 | 2011-08-13 11:19
もう…。
b0003697_10341716.jpg

「もう…料理の次はパソコンするの…?」とついてくる、乙女ボーイ。
[PR]
by mikick5 | 2011-08-13 10:34
メンキヌメンキヌ…
b0003697_1029519.jpg

冷えとりの会に入りました。
[PR]
by mikick5 | 2011-08-13 10:30